野球肘治療のことなら笑顔鍼灸整骨院へ

笑顔鍼灸整骨院タイトル

痛みで困っている人を一人でも多く笑顔にしたい

スタッフ集合写真
野球肘

このようなお悩みはないですか?

  • 肘が痛くて伸びきらない
  • ベース間の送球ができない
  • 夜寝ていても痛む
  • 野球肘と診断された
  • 早く競技に復帰したい 

そのお悩み、全て当院にお任せ下さい

野球肘とは?

その名の通り、野球の投球動作などを繰り返すことで起こるスポーツ障害のひとつです。
特に小・中学生の体が未完成な成長期に多くみられます。

野球肘

①野球肘の症状

骨盤の外側にある「大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)」から起こり、太ももの骨である「大腿骨」の外側を通り、膝の下にある「脛骨」まで伸びる長い靱帯です。「気をつけ」の姿勢をとった時に、ちょうど中指が触れる部分にあたります。

②野球肘の原因

1番の原因はオーバーユース(使いすぎ)によるもので、繰り返す投球動作によって、肘に負担がかかることが原因となります。
野球の投球動作は他のスポーツと異なり、繰り返し同じ部分に同じ力がかかり続けるため、過剰に負担がかかりやすくなります。
さらに成長期の小中学生は、大人の骨に比べて「成長軟骨」と呼ばれる脆い軟骨が多いので、怪我が起こりやすくなります。
野球肘には外側・内側でタイプが異なります。
外側野球肘では、肘の外側の骨同士がぶつかり続けて損傷し、脆い軟骨が腱に引っ張られ続けることで剥がれやすくなります。
内側野球肘の方が成長期に多くみられ、腱・靭帯・脆い成長軟骨が損傷しやすくなります。
なお、成長が終わっている高校球児では、骨よりも靭帯の損傷が多くみられます。

野球肘をそのままにすると?

野球肘はオーバーユースによって起こるため、痛みを我慢して投球を続けても改善はみられません。また、症状が進行すると肘の手術が必要な症例もあり、競技から長期間離れざるを得なくなる可能性があります。
今後の選手生命のためにも、肘の痛みや違和感がある場合は練習や部活を休んで整形外科や整骨院を受診しましょう。

野球肘の治療法は?

野球肘の治療は、痛みの強い炎症期慢性期とで治療法が異なります。
炎症期では、「アイシング」と固定のため「テーピング」「サポーター」などで安静を図ります。
また、肘周囲の筋肉の硬さに対して「手技療法」「はりきゅう治療」、オリンピック選手も使用する「特殊電気治療」で、消炎・鎮痛を図ります。
慢性期では肘に負担がかからないよう、投球動作の見直しを行います。
投球は全身運動のため、骨盤の回旋や肩甲骨の動きを確認し、根本的アプローチとして負担のかからない姿勢に矯正を行います。
特に成長期の子どもは「猫背」が多く、腕・肘・肩・肩甲骨が正常な状態からかけ離れてしまっているため、一連の投球動作に制限がかかってしまうので、理想的な状態にするため「猫背矯正」を行います。
さらに、骨盤の回旋に重要となるインナーマッスルの強度も確認し、必要であれば「体幹トレーニング」でインナーマッスルのトレーニングを行い、早期に練習に復帰できるようケアをしていきます。

当院は完全予約制です。
事前に電話でのご予約をお願いします。

受付時間
  9:00~13:00
(※土は14:00まで)
× ×
16:00~20:00 × × ×

  ※午後の交通事故治療の受付は20:30まで

笑顔鍼灸整骨院

↓↓笑顔鍼灸整骨院 大手町院↓↓

笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

↓↓笑顔鍼灸整骨院 本通り院↓↓

笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 大手町院

  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町5丁目8-27-1F
市電、鷹野橋駅より徒歩2分
笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 本通り院

  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目1-7-1F
市電、本通駅より徒歩1分
提携パーキング有り、パーキングチケットをお渡しします
笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約