脊柱管狭窄症治療のことなら笑顔鍼灸整骨院へ

笑顔鍼灸整骨院タイトル

痛みで困っている人を一人でも多く笑顔にしたい

スタッフ集合写真
脊柱管狭窄症

このようなお悩みはないですか?

  • 歩いてると足が痛い・痺れる
  • 長時間歩けない
  • 腰を反らせると症状が強くなる
  • 病院で手術を勧められた
  • 寝起きに足が痺れている

そのお悩み、全て当院にお任せ下さい

脊柱管狭窄症とは?

背骨(脊椎)にある「脊柱管」と呼ばれる、脊髄の神経が通る管を取り囲む組織が、何らかの原因によって狭窄する(狭くなる)ことで起こる整形外科的な疾患をいいます。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の原因とは?

・加齢による変形
・重労働
腰椎椎間板ヘルニア
・骨粗鬆症
・腫瘍 など

脊柱管狭窄症の症状は?

脊柱管狭窄症では、腰痛が出ることは稀です。
主な症状としては、歩行時にだんだんと腰が反ってくることで、狭くなっている脊柱管が余計に狭くなり、神経が圧迫された結果、太ももから膝下にかけての痛みや痺れが現れます。
しばらく前屈みで休むと、狭くなっている脊柱管が広がるため、また歩けるようになります。
なお、前屈みで回復が見られない場合、血管など別の原因を疑います。
また、睡眠中の体勢(仰向け・うつ伏せ)によっては反り腰が強くなるため、脊柱管が同様に狭くなります。このため、朝起きてからしばらくの間、足が痺れていることがあります。
加齢による変形が原因のため、中高年以降に多く見られます。

脊柱管狭窄症をそのままにすると?

脊柱管狭窄症は、姿勢を正して歩くことが大切です。
悪い姿勢では、余計に脊柱管が狭窄して、症状が出やすくなるためです。
また、進行すると、しびれや筋力低下に止まらず、排尿・排便が制御できなくなる「膀胱直腸障害」が起こることがあり、場合によっては手術の対象となることもあります。

脊柱管狭窄症治療について

脊柱管狭窄症による足の痛み、痺れに対しては整体「特殊電気治療」が効果的です。
また、不良姿勢によって脊柱管が狭くならないよう、土台となる骨盤の角度を骨盤矯正で整え、姿勢を支えるインナーマッスルを体幹トレーニングでしっかりと鍛えて、根本解決を目指します。

当院は完全予約制です。
事前に電話でのご予約をお願いします。

受付時間
  9:00~13:00
(※土は14:00まで)
× ×
16:00~20:00 × × ×

  ※午後の交通事故治療の受付は20:30まで

笑顔鍼灸整骨院

↓↓笑顔鍼灸整骨院 大手町院↓↓

笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

↓↓笑顔鍼灸整骨院 本通り院↓↓

笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 大手町院

  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町5丁目8-27-1F
市電、鷹野橋駅より徒歩2分
笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 本通り院

  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目1-7-1F
市電、本通駅より徒歩1分
提携パーキング有り、パーキングチケットをお渡しします
笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約