腸脛靱帯炎・ランナー膝治療のことなら笑顔鍼灸整骨院へ

笑顔鍼灸整骨院タイトル

痛みで困っている人を一人でも多く笑顔にしたい

スタッフ集合写真
腸脛靱帯炎・ランナー膝

このようなお悩みはないですか?

  • 膝の外側が痛い
  • 靴が合わない
  • 長く走れない
  • 腸脛靱帯炎と診断された
  • 早く競技に復帰したい

そのお悩み、全て当院にお任せ下さい

腸脛靱帯炎とは?

腸脛靱帯炎は、別名を「ランナー膝」と呼び、その名の通り走る競技自転車競技など、膝の曲げ伸ばしを多くするスポーツで見られる疾患です。

①腸脛靱帯とは

骨盤の外側にある「大腿筋膜張筋」から起こり、太ももの骨である「大腿骨」の外側を通り、膝の下にある「脛骨」まで伸びる長い靱帯です。「気をつけ」の姿勢をとった時に、ちょうど中指が触れる部分にあたります。

腸脛靱帯炎・ランナー膝

②腸脛靱帯炎の症状

腸脛靱帯炎は、オーバーユース(使いすぎ)が原因となり、繰り返す膝の屈伸運動により、腸脛靱帯が硬くなり、大腿骨の外側の部分で靱帯が擦れることで炎症が起こります。
症状が多く見られるスポーツとしては、マラソン・自転車・水泳・バスケットボール・バレエなどが挙げられます。
さらに、「靴が合わない」「フォームが安定していない」「O脚(内反膝)である」「ハードな練習」「整備されていない道を走る」「臀筋の筋力不足」などの要因によって腸脛靱帯炎になりやすいと言われています。

腸脛靱帯炎をそのままにすると?

腸脛靱帯炎はオーバーユースによって起こるため、痛みを放置しても改善は見られません。
症状が進行すると日常生活での「歩く」動作でも痛みを感じ、階段の昇り降りも困難な状態となります。
深刻化すると手術をすることもあるため、膝の外側に違和感を感じたら早めに整形外科や整骨院を受診しましょう。

腸脛靱帯炎の治療法は?

腸脛靱帯炎はオーバーユースによる炎症のため、安静を優先するため「テーピング 」を行います。炎症を鎮める目的で「アイシング」や、オリンピック選手も使用する「特殊電気治療」で症状の緩和を狙います。
痛みや筋肉の硬さにに対して、膝周辺や大元となる大腿筋膜張筋を「手技療法」鍼灸治療「特殊電気治療」を行います。
また、下腿のアライメント異常に対して骨盤矯正O脚矯正を行い、理想的な姿勢に矯正していきます。
自宅でもできるストレッチやトレーニングを指導し、1日でも早く競技に復帰できるようサポートいたします。

当院は完全予約制です。
事前に電話でのご予約をお願いします。

受付時間
  9:00~13:00
(※土は14:00まで)
× ×
16:00~20:00 × × ×

  ※午後の交通事故治療の受付は20:30まで

笑顔鍼灸整骨院

↓↓笑顔鍼灸整骨院 大手町院↓↓

笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

↓↓笑顔鍼灸整骨院 本通り院↓↓

笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 大手町院

  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町5丁目8-27-1F
市電、鷹野橋駅より徒歩2分
笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 本通り院

  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目1-7-1F
市電、本通駅より徒歩1分
提携パーキング有り、パーキングチケットをお渡しします
笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約