変形性足関節症治療のことなら笑顔鍼灸整骨院へ

笑顔鍼灸整骨院タイトル

痛みで困っている人を一人でも多く笑顔にしたい

スタッフ集合写真
変形性足関節症

このようなお悩みはないですか?

  • 歩き始めに足首が痛い
  • 足首が腫れて痛い
  • 足首の動きが制限される
  • 足首の周辺を押すと痛みが出る
  • 坂や階段を下りるのがつらい

そのお悩み、全て当院にお任せ下さい

変形性足関節症とは?

足首の関節を構成する脛骨(けいこつ)と距骨(きょこつ)の表面を覆う軟骨がすり減っている状態を変形性足関節症といいます。頻繁に捻挫を繰り返してきた人や足首の骨折をしたことがある人に多いですが、関節炎や細菌感染が原因になることもあります。明らかな原因がなく発症することもあります。

①変形性足関節症の症状

歩行時の疼痛が主な症状です。発症初期は歩行開始時に痛みがありますが、しばらく歩いていると痛みは軽減します。しかし長時間歩いていると再び痛くなるといった特徴があります。変形が進行すると、常に痛みがあり、足首の変形が顕著になるとともに可動範囲も狭くなります。主な症状は足首の腫れと痛みで、進行すると歩行が不自由になるなど日常生活に支障がでるようになります。

変形性足関節症

②変形性足関節症の原因

変形性足関節症には一次性と二次性があります。
一次性は主に加齢が原因となります。これは年齢とともに靭帯がゆるみ、足が内側へと倒れてきて、まず内側の関節の隙間が狭くなり、徐々に全体の関節の間が狭くなっていきます。
二次性は骨折や捻挫などの外傷、あるいは、関節にばい菌が入って化膿性の関節炎を起こした後や、先天性の内反足などの手術をした後に起こります。ほかにも血友病、関節リウマチ、痛風といった全身の疾患など、発症の要因は多岐にわたります。

変形性足関節症をそのままにすると?

初期は足関節に起床時・歩き始めの違和感や、長時間歩行後の鈍痛を感じます。また正座をした際などに、足関節の内側に痛みが生じます。
進行すれば、歩行時の痛みが増悪して歩きづらくなり、安静時にも痛みを感じるようになります。さらに、足関節全体の腫れや、内くるぶしを押さえた時の激痛が出現します。
足関節に違和感を感じたら、整形外科や整骨院での受診をお勧めします。

変形性足関節症の治療法は?

変形性足関節症の痛みに対しては、関節周辺の筋肉の硬さに対して「手技療法」鍼灸治療「特殊電気治療」を行います。
また、不良姿勢によって骨盤が前傾すると、足関節に負荷がかかるため、姿勢の根本となるインナーマッスルを体幹トレーニングで鍛えることで、進行していく姿勢の歪みを良い状態へと導きます。

当院は完全予約制です。
事前に電話でのご予約をお願いします。

受付時間
  9:00~13:00
(※土は14:00まで)
× ×
16:00~20:00 × × ×

  ※午後の交通事故治療の受付は20:30まで

笑顔鍼灸整骨院

↓↓笑顔鍼灸整骨院 大手町院↓↓

笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

↓↓笑顔鍼灸整骨院 本通り院↓↓

笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 大手町院

  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町5丁目8-27-1F
市電、鷹野橋駅より徒歩2分
笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 本通り院

  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目1-7-1F
市電、本通駅より徒歩1分
提携パーキング有り、パーキングチケットをお渡しします
笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約