ゴルフ肘治療のことなら笑顔鍼灸整骨院へ

笑顔鍼灸整骨院タイトル

痛みで困っている人を一人でも多く笑顔にしたい

スタッフ集合写真
ゴルフ肘

このようなお悩みはないですか?

  • スイングすると肘の内側が痛い
  • ダフしてから肘が痛い
  • 手打ちになっていると指摘された
  • ゴルフ肘と診断された
  • もっとスコアを良くしたい

そのお悩み、全て当院にお任せ下さい

ゴルフ肘とは?

ゴルフ肘は、正式名称を「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」と呼び、主にゴルフのスイングで生じる運動障害です。

ゴルフ肘

①ゴルフ肘の症状

初期症状は肘の部分の痛みで、ボールを打つ際や練習後に痛みが出ます。
また、肘を触ると腫れており(腫脹)、熱を持っている(熱感)などがみられます。
進行すると日常生活でも重い物を持つ、手首を捻るなどの動作で痛みが出ます。

②ゴルフ肘の原因

ゴルフのスイングでは、グラブを掴んで手首を反るため、主動作筋である「手根伸筋」を酷使しやすくなります。
この筋肉の付着部である肘の内側にある「上腕骨内側上顆」と呼ばれる部分に、ゴルフのスイングによるオーバーユース(使いすぎ)によって、繰り返し負荷がかかり、炎症が起こることが原因です。
特にゴルフのビギナーから中級者、また、中高年以降のゴルファーに多くみられます。
スイングのフォームが安定せず、無理なスイングを続けてしまうことで起こるため、「スイングの際に脇が開いている」「体幹ではなく手打ちになっている」「グラブを強く握っている」などの状態が続くことでゴルフ肘になりやすいと言われています。
また、加齢に伴い筋力低下や腱が硬くなることで炎症が起こりやすくなると言われています。

ゴルフ肘をそのままにすると?

ゴルフ肘はオーバーユースによって症状が起こるため、痛みを我慢してプレーを続けても症状の改善はみられません。
また、症状が進行すると場合によって手術が適応となる場合があるため、趣味のゴルフを再開するまでに相当の時間を要することがあります。
そのため、ゴルフ後に肘に痛みや違和感を感じたら、整形外科や整骨院での受診をおすすめします。

ゴルフ肘の治療法は?

初期の治療では、安静が重要となります。
動かさないよう「テーピング」「サポーター」で固定を行い、炎症症状を緩和させる為、オリンピック選手も使用する「特殊電気治療」を行います。
また、筋肉の硬さや痛みについては「手技療法」「はりきゅう治療」「特殊電気治療」で血流の改善を行い痛みを和らげます。
さらに、ゴルフのスイングは、骨盤・体幹・肩・腕・手首の複雑な連動運動によって成り立ちます。
骨盤の中にあるインナーマッスルがデスクワークや年齢とともに低下し、使えないことで、体幹を使った正しいスイングができず飛距離も伸びないため、インナーマッスルを「体幹トレーニング」で鍛え、肩の内巻きを矯正する「猫背矯正」を行い根本的なアプローチを行います。

当院は完全予約制です。
事前に電話でのご予約をお願いします。

受付時間
  9:00~13:00
(※土は14:00まで)
× ×
16:00~20:00 × × ×

  ※午後の交通事故治療の受付は20:30まで

笑顔鍼灸整骨院

↓↓笑顔鍼灸整骨院 大手町院↓↓

笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

↓↓笑顔鍼灸整骨院 本通り院↓↓

笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 大手町院

  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町5丁目8-27-1F
市電、鷹野橋駅より徒歩2分
笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 本通り院

  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目1-7-1F
市電、本通駅より徒歩1分
提携パーキング有り、パーキングチケットをお渡しします
笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約