シンスプリント治療のことなら笑顔鍼灸整骨院へ

笑顔鍼灸整骨院タイトル

痛みで困っている人を一人でも多く笑顔にしたい

スタッフ集合写真
シンスプリント

このようなお悩みはないですか?

  • 脛(すね)の内側が痛い
  • マラソン競技で痛めた
  • 走ったりジャンプすると痛い
  • シンスプリントと診断された
  • 早く競技に復帰したい

そのお悩み、全て当院にお任せ下さい

シンスプリントとは?

シンスプリントは、脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)とも言われ、脛(すね)の内側にある脛骨(けいこつ)の下1/3に痛みが発生します。
骨折した時のような激痛ではなく、鈍痛(鈍い痛み)なのが特徴です。
脛の内側に痛みが出るのが特徴ですが、場合によってはふくらはぎや脛の外側に痛みが出ることがあります。
初期の段階では走ったり、触ったりすると痛みが出ますが、進行すると何もしなくても痛くなることがあります。

シンスプリント

①シンスプリントの症状

・下腿内側1/3の圧痛
・腫脹(はれ)
・運動時痛 など

②シンスプリントの原因

1番の原因は走る、跳ぶなどの「運動」であり、オーバーユース(使いすぎ)によって症状が出現します。
陸上競技野球サッカーバレーボールバスケットボールなどの競技で見られます。
オーバーユースによって筋肉が硬くなり、ふくらはぎにある「下腿三頭筋」「後脛骨筋」「長趾屈筋」などの柔軟性が低下して、筋肉の付け根にある脛骨を覆う「骨膜」を引っ張ることで微細な傷ができて炎症が起こる「骨膜炎」が原因で痛みが出ると言われています。
特にランナーに多いとされ、スポーツを始めて間もない人では、以前より運動量が増加したことでオーバーユースになることが多いと言われています。
その他、O脚やX脚などの歪み、ストレッチ不足足首の硬さ靴が合わないことなどが引き金となります。
シンスプリントは部活を始める10代から見られ、男女差は筋肉量の比較的少ない女性に多く見られます。

シンスプリントをそのままにすると?

シンスプリントは、他の筋肉痛とは違い、放っておいても痛みが取れることはありません。
痛みを放置して運動を続けることにより、「疲労骨折」を起こし、長期の休養が必要になることもありますので、思い当たる症状がある場合は、一度整形外科や整骨院を受診しましょう。

シンスプリントの治療法は?

筋肉の硬さに対して、「手技療法」「はりきゅう治療」「特殊電気治療」を行い、血流の改善を行います。
また、痛みに対してはオリンピック選手も使用する「特殊電気治療」で組織の回復と痛みの除去を行います。
股関節や膝関節が正常な並びから崩れて起こるO脚には「O脚矯正」を行い、根本的に負担のかかりにくい姿勢へと矯正をかけていきます。

当院は完全予約制です。
事前に電話でのご予約をお願いします。

受付時間
  9:00~13:00
(※土は14:00まで)
× ×
16:00~20:00 × × ×

  ※午後の交通事故治療の受付は20:30まで

笑顔鍼灸整骨院

↓↓笑顔鍼灸整骨院 大手町院↓↓

笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

↓↓笑顔鍼灸整骨院 本通り院↓↓

笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 大手町院

  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町5丁目8-27-1F
市電、鷹野橋駅より徒歩2分
笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 本通り院

  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目1-7-1F
市電、本通駅より徒歩1分
提携パーキング有り、パーキングチケットをお渡しします
笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約