反り腰治療のことなら笑顔鍼灸整骨院へ

笑顔鍼灸整骨院タイトル

痛みで困っている人を一人でも多く笑顔にしたい

スタッフ集合写真
反り腰

このようなお悩みはないですか?

  • 慢性的な腰痛がある
  • 姿勢が悪い
  • 下腹だけが出て、痩せにくい
  • お尻が大きく、垂れてくる
  • 太腿の筋肉がパンパンに張っている

そのお悩み、全て当院にお任せ下さい

反り腰はなぜ起こるのか?

①筋肉バランスの崩れ

反り腰になる一番の原因は、筋肉バランスの崩れだと考えられています。腰まわりやハムストリングス(太腿)の筋肉が弱まることで、自身の姿勢を支えきれず、反り腰になります。
股関節から太腿にかけての筋肉の柔軟性が不足していることも、反り腰の原因となり得ます。筋肉の柔軟性が不足していると、骨盤の動きや股関節自体の動きが制限されやすいからです。
またお腹まわりの筋力が弱いと、背中や腰の筋肉だけで体を支えないといけないため、反り腰につながる可能性があります。

②猫背など姿勢の悪さ

姿勢の悪さが原因で反り腰になることもあります。
具体的には、猫背やストレートネックなど、上半身の歪みです。首と頭が前に出過ぎてしまうと、バランスを取るために反り腰になる可能性があるので気をつけましょう。
姿勢が悪くなる原因は、筋力の低下とも関係しています。姿勢を良い状態で保つためにも、筋肉のバランスは大事です。

③体重の増加

妊娠や肥満など、体重の増加によって反り腰になる場合もあります。お腹が出ると体の重心が前に移動し、自然と腰が反りやすくなるからです。
妊娠で一時的にお腹が大きくなっているだけであれば、エクササイズや整体で改善が期待できるので安心してください。
肥満の場合は、放置すると反り腰が悪化し続ける可能性があります。運動などで基礎代謝を上げて、体脂肪を落としましょう。

④ヒールの高い靴

ヒールの高い靴も、反り腰の原因になりやすいと言われています。重心がつま先や足の前側にかかってしまい、姿勢を正すために腰が反るからです。
ヒールの高い靴は、体幹が弱い人が履くと腰の反りを強める可能性があります。腰痛の原因になることもあるので、気をつけてください。
またヒールの高い靴は、外反母趾(足の親指の変形)や巻き爪の原因にもなります。毎日のようにヒールの高い靴を履いている人は、注意が必要です。

反り腰

反り腰をそのままにしておくと?

反り腰は腰の筋肉が過剰に緊張した状態です。腰に負担がかかるため、痛みも出やすくなります。慢性的な腰痛だけでなく、腰部脊柱管狭窄症や坐骨神経痛を引き起こすこともあるので、放置しないように注意してください。
また反り腰の人は、お腹の筋肉が緩んだ状態です。太っていなくても下腹だけぽっこり出るのは、反り腰の特徴と言えます。お腹の筋肉が弱まるとお尻の筋肉にも力が入りづらくなり、お尻が垂れやすくなるので、気をつけましょう。

反り腰の治療法は?

姿勢を維持するための深層の筋肉が硬くなっている場合は「特殊電気治療」や、「はりきゅう治療」が有効です。
また、全身の状態を確認して歪んでいる姿勢を矯正し、良い姿勢を維持するためにインナーマッスルを鍛えることが、再発防止に有効となる場合があります。

当院は完全予約制です。
事前に電話でのご予約をお願いします。

受付時間
  9:00~13:00
(※土は14:00まで)
× ×
16:00~20:00 × × ×

  ※午後の交通事故治療の受付は20:30まで

笑顔鍼灸整骨院

↓↓笑顔鍼灸整骨院 大手町院↓↓

笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

↓↓笑顔鍼灸整骨院 本通り院↓↓

笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 大手町院

  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町5丁目8-27-1F
市電、鷹野橋駅より徒歩2分
笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 本通り院

  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目1-7-1F
市電、本通駅より徒歩1分
提携パーキング有り、パーキングチケットをお渡しします
笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約