半月板損傷治療のことなら笑顔鍼灸整骨院へ

笑顔鍼灸整骨院タイトル

痛みで困っている人を一人でも多く笑顔にしたい

スタッフ集合写真
半月板損傷

このようなお悩みはないですか?

  • 膝が痛くて歩けない
  • 膝が引っかかる・曲げ伸ばしできない
  • 突然膝が固まって動かせなくなる
  • 半月板損傷と言われた
  • 早く競技に復帰したい

そのお悩み、全て当院にお任せ下さい

半月板損傷とは?

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)は、膝の関節の「半月板」と呼ばれる軟骨が、スポーツや交通事故などの怪我加齢による変形などにより損傷または断裂した状態をいいます。

①半月板の構造

半月板は大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の間にある軟骨です。
膝関節の内側にある「内側半月板」と外側にある「外側半月板」があり、クッションのように膝にかかる衝撃を吸収し、負担を軽減し、膝が円滑に動くようにサポートします。

半月板損傷

②半月板損傷の症状

疼痛(疼くような痛み)
腫脹(むくみ・腫れ)
圧痛(押すと痛い)
・膝が曲がりずらいため歩きにくい
・突然膝が引っ掛かり動かなくなる(ロッキング現象)
などが現れます。

③半月板損傷の原因

半月板損傷はスポーツ交通事故などの怪我によるものが多く、膝に体重がかかった状態で捻ったり、衝撃が加わることで傷つきます。スポーツ選手肉体労働者など、若い男性に多く見られます。
なお、高齢者では大きな怪我がなくても、加齢によってクッション機能が低下することで、同様に半月板の損傷が見られることがあります。
また、生まれつき半月板が変形を起こしやすい場合があり、比較的若い女性に多く見られます。

半月板損傷をそのままにすると?

半月板損傷は、構造的な怪我であり放置しても治ることはありません。
さらに、症状が進行すると関節が変形してしまう「変形性膝関節症」に移行し、痛みや腫れによって歩くために重要な膝の曲げ伸ばしや、円滑な運動を制限されます。
状態によっては手術が適用となるため、膝の痛みは放置せず、整形外科や整骨院での受診をおすすめします。

半月板損傷の治療法は?

半月板損傷は症状の進行によって治療法が変わります。
痛みや腫れが強い急性期には、安静のため「テーピング」を巻き、動きを制限することがあります。
慢性期の痛みに対しては、「手技療法」「はりきゅう治療」を行い、オリンピック選手にも使用する「特殊電気治療」を行います。

当院は完全予約制です。
事前に電話でのご予約をお願いします。

受付時間
  9:00~13:00
(※土は14:00まで)
× ×
16:00~20:00 × × ×

  ※午後の交通事故治療の受付は20:30まで

笑顔鍼灸整骨院

↓↓笑顔鍼灸整骨院 大手町院↓↓

笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

↓↓笑顔鍼灸整骨院 本通り院↓↓

笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 大手町院

  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院大手町院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町5丁目8-27-1F
市電、鷹野橋駅より徒歩2分
笑顔鍼灸整骨院大手町院へのお問合わせ・ご予約

笑顔鍼灸整骨院 本通り院

  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の外観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院の内観
  • 笑顔鍼灸整骨院本通り院のスタッフ

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目1-7-1F
市電、本通駅より徒歩1分
提携パーキング有り、パーキングチケットをお渡しします
笑顔鍼灸整骨院本通り院へのお問合わせ・ご予約